素敵な注文住宅を京都で建てるには

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

家は一生のうちで一番大きな買い物と言えます。マイホームを持つことは多くの方にとって夢であり憧れでもあります。それと同時に家は設計段階から携わる注文住宅を三軒建てなければ理想のものにはならないと言われるほど自分の思いを形にくみ取ることが難しいとされています。
日本の持ち家比率は統計によると約6割に及ぶそうで京都では約半数の住宅が持ち家だそうです。しかし、思いを全て反映させるように設計すれば費用は多額になります。その点を考えれば、少なからず妥協しなければなりません。決められた予算内で京都で注文住宅を建てるためにはどのようにすればよいでしょうか。家がただの箱ではなく家族が居住する素敵な空間になるために、妥協せずに思いを形にできることが理想です。

土地について

家を建てる時にはまず、土地が必要となります。土地は家族から引き継いだ場所や新たに購入することが必要です。土地を所有している場合でも、好きに家を建てられるわけではなく、その土地にどのような法的束縛が有るかを知る必要が有ります。建築基準法に照らし合わせて建ぺい率と容積率からその土地に建築することのできる建物の大きさが割り出されます。そのような知識も知っておけば役立ちます。
新たに土地を購入する場合、不動産業者に問い合わせたり、最近ではハウスメーカーが不動産業を兼務している場合も多くあるので便利な点もあります。理想の家を思い描いて土地購入から十分に検討することが必要です。土地購入金額は大きな予算です。将来設計と照らし合わせて決めましょう。

注文住宅とは

注文住宅と建売住宅は言葉を知っていても概念や形式を詳しく知っている方は少ないと思います。注文住宅にも種類が有ります。フルオーダー住宅とセミオーダー住宅の2種類に大別されます。フルオーダー住宅はその名の通り家に関すること全てにおいて関わることのできる方式です。間取りはもちろん使用する木材に至るまで指定できます。
一方セミオーダー住宅は住宅の基本的な部分はあらかじめ決まっていて、内外装のカラーやトイレやキッチンといった設備を依頼者が決める方式です。建築完成までの期間と資金の余力などに応じてグレードを上げ下げできるのも魅力的で日本の注文住宅の大半はセミオーダー方式であると言えます。自分や自分の家族が住む家ですから妥協なくフルオーダー出来る知識と時間、資金が有れば憧れの京都でのマイホームに一歩近づけます。