注文住宅をリフォーム京都で体験する

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

既に京都で持ち家を構えている人は自分の思う間取りにリフォームをする方法もあります。リフォームの種類は多岐にわたり、大がかりなリフォームも支出できる費用によっては可能になります。リフォームの費用は新築同様に一番肝心な要素です。
リフォームの見積もりは業者を選定して依頼しなければ分かりません。しかし、何の予備知識もないまま業者を選定するのは準備不足が否めません。注文住宅と同様にまずは事前に予備知識を自分で収集し蓄えておくことが肝要です。知識不足では、どの業者にすべきかの指標も見つかりませんし、今の京都の自宅をどのようにリフォームすべきかも分からないままです。
情報は今ではインターネットで容易に集められますし、リフォームに関する書籍も数多く出版されていますので参考にするといいでしょう。

リフォームの要望をまとめておく

情報収集をして業者も決めたら見積もりなどの具体的な話に進めていきます。しかし、知識と一緒に必要なのは今の京都の家をどのようにリフォームしたいかという具体的な要望です。知識と併せて、家の中のどこをどのようにリフォームしたいかをまとめておくことをおすすめします。
最近ではリフォームに力を入れている業者も少なくありません。注文住宅同様に見学会を催している所もあるので、そういう所へ足しげく通ってイメージをつかみ、具体的な金額を聞いて確認してみるのもいい方法です。このキッチンのリフォームにかかった費用はどのくらいか、というように質問すればおよその金額を教えてもらえ、要望をまとめるのにも役に立ちます。

リフォームで出来ることと出来ないことを精査する

新築の場合の建ぺい率と容積率と同様に、リフォームにも当然制約が有ります。可能な事と不可能なことを事前に確認しておきましょう。
まずは壁の移動を伴う間取りの変更は木質系の家屋、プレハブ住宅、2×4の住宅では壁で建物を支えているために不可能な場合があります。意外かもしれませんが窓の増築も出来ません。壁で建物を支えているので新たに窓という空間を作ることは出来ません。後は家の梁に関わる吹きぬけ等を造る事は難しいとされています。
また町の消防計画にともないエクステリアの変更に制限が掛かる場合があります。使用できる構造や材料を燃えにくいものにするという規定が有る場合は当然その義務を負うので、その点の変更は出来ないことになります。