京都での注文住宅には業者との相談が不可欠

   
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

憧れのマイホームを京都で、しかも注文住宅で建てるには費用と時間、建てる場所と知識が必要です。個人ではなかなか難しいので当然、専門の業者に依頼をすることになります。ほとんどの場合、一生に一度の経験ですから何を相談していいかも分からないことが多いと思います。費用の事、土地の事、建築法の事や建ててからのメンテナンスなど本当にたくさんの事を業者と綿密に打ち合わせしなければなりません。京都での注文住宅建築をスムーズに行うためにも、相談すべき内容を細かく整理することが必要です。
いざ注文住宅を建築しようと思い立っても、どこに何を相談してどのように進めていくのか分からなければ話が進みません。注意点と併せて考えていきましょう。

まずは支出できる予算の相談

DMやテレビコマーシャル、雑誌などでも週末に住宅見学会を行っている旨の宣伝が頻繁に行われています。また、いつでも見学できる住宅展示場などもあり、住宅に関しての情報は京都でも多く見受けられます。こうした場所ではハウスメーカーの営業担当者等も在沖していて専門の相談カウンターなども設置されていることがあります。
相談内容で一番大切な相談は支出できる予算についてです。現金で一括して払える物ではなく実質的にローンを組むことになります。そのローンの返済方法なども詳しく説明し、相談にも乗ってもらえます。
返済方法も現在の賃貸家賃と同額で月々の支払いを押さえたい等、その支払い方法も様々ですので、よく相談し無理の無い計画を建てることが肝心です。

住宅に関する税金のあれこれ

住宅を建ててローンを返済するのは目に見えて分かることですが、税金等の諸経費も掛かってきます。まずは余り聞きなれない印紙税です。これは住宅を建築する際にローン等の契約書に必要な税金です。その建物の契約金額に応じて印紙税がかかります。
そして消費税です。こちらは普段の生活でも耳馴染みのある税金です。土地は非課税ですが建物は課税対象となりますので注意が必要です。
そして不動産取得税です。固定資産評価額に応じて支払う税金が決まります。こちらは色々な取り決めが有り複雑な内容ですので、不動産相談の際にシミュレーションが必要です。注文住宅建築後になって慌てることの無いように事前に支払うべき金額と支払える金額とを精査しておきましょう。目には見えない支出というのはかなり多く存在しますので曖昧にならない様にしておく必要があります。